Blog 好きなことを好きなだけ。

読書記録 『傷跡』(桜庭一樹)

傷痕 (文春文庫)

先日、突然外で時間を持て余してしまったことがあって、

スマホの充電もそんなになくて、

それならばと、本を一冊買ってカフェで読むことにしました。

それがこの本、桜庭一樹さんの『傷跡』です。

桜庭さんの作品でよく描かれる、謎めいた少女。

今回は、キング・オブ・ポップスターの娘。
その少女の名前が、”傷跡”。

世界的な人気を誇るポップスターが、突然、死を迎える。

騒然とする世界の中で、彼と関わった多くの人々は、何を思い、何をするのか。

章ごとに視点を変えながら、物語は進みます。

娘から見た父。
姉から見た弟。
ジャーナリストから見たポップスター。
ファンから見たポップスター。

それぞれから語られる彼。

どう見てもフィクションのお話なのに、

登場人物の感情は生々しく、時には眉をひそめたくなるような事象も丁寧に綴られていて、どことなく現実的で、

それでいて、それぞれの語り口から詩的にも感じられる世界観は、

頭の中に情景が広がり、映画を見ているような感覚を覚えます。

読了後に、結局あれはどういうことなんだろうかと、明確にされなかった謎に考えを巡らせるのも、桜庭さんの作品の好きなところ。

読後感が心地よいのです。

少女の視点よりも、周りの大人たちの視点で語られることの方が多かったので、私自身がもう少し歳を重ねてから読むと、より共感できたりするのかななんて思いました。

本棚に大事にしまっておいて、またいつか、この本を読みたいです。

created by Rinker
¥869 (2024/02/28 10:02:37時点 楽天市場調べ-詳細)

Pick up